【公式】葬儀の拓商(たくしょう)|沖縄の葬儀・葬式・法事・家族葬を全てサポート

メニュー

お葬儀の豆知識

2022/08/01

【沖縄の葬儀費用】家族葬や一般葬、規模や種類で違う5つの相場

【沖縄の葬儀費用】家族葬や一般葬、規模や種類で違う5つの相場
喪主や遺族としては沖縄で葬儀を執り行う時、費用面はやはり気になりますよね。

故人を手厚く弔いたい一方、突然の訃報で御香典をいただいたとしても、沖縄では葬儀費用に不安を感じながら葬儀へ挑む体験談は少なくありません。

またさまざまな葬送の形が増えた現代の沖縄で葬儀を執り行うに当たり、費用の内訳を把握して効果的に使いたいとの声も増えてきました。

今回は、沖縄で葬儀を執り行う際、特に費用面から見たそれぞれの特徴と相場をお伝えします。
 

【沖縄の葬儀費用】家族葬や一般葬、
規模や葬儀の種類で違う5つの相場

沖縄で選ばれる葬儀の種類は5つ

沖縄で選ばれる葬儀の種類は5つ
昔から沖縄で通常行われる葬儀の場合は一般葬ですが、実はそれ以外にも沖縄の葬儀には種類があり、費用相場はもちろん、それぞれ特徴が違います。

喪主やご遺族が沖縄で葬儀を費用に合わせて検討するなら、下記5つの種類を理解しておくと、安心して進めることができるでしょう。
 

<沖縄での葬儀、費用で違う5つの種類>
(1)一般葬…約100万円〜120万円
(2)家族葬…約60万円〜80万円
(3)一日葬…約50万円〜80万円
(4)直葬…約25万円〜35万円
(5)密葬…約40万円〜100万円

 
以上が沖縄に多い葬儀の種類とそれぞれの費用相場ですが、これはあくまでも相場です。
 

沖縄の葬儀、費用相場の注意点

沖縄で葬儀社と打ち合わせをする際、費用面から葬儀スタイルを選ぶ人も多いですが、まずは「どのような葬儀にしたいのか」を整理して選ぶようにしてください。

その上で予め葬儀社に予算を伝えて、相談をしていくと良いでしょう。
 

<沖縄の葬儀、費用面での注意点>
(1)葬儀費用の幅は広い
(2)実質的な負担とは違う

 
例えば一般葬の費用相場は約100万円〜120万円、対して家族葬は約60万円〜80万円ですが、家族葬で豪華な供え花で囲まれた「花葬」を希望する事例がありました。

この家族葬では一般葬の費用相場を越えた約120万円となっています。

沖縄の葬儀に限ったことではありませんが、参列者が少なかったり御香典の辞退を決めた場合、御香典による収入が少なくなりますので、それだけ実質的な負担が掛かるでしょう。

一方で大きな規模の一般葬でも、御香典が充分であれば御香典から葬儀費用を完済することもできます。
 

一般葬の特徴

一般葬の特徴
沖縄の葬儀で一般葬の費用相場は約100万円〜120万円です。

沖縄では定番の葬儀で、一般葬は参列者が約80人~100人以上の大きな規模が多いでしょう。
対してその下の規模となる家族葬は、参列者が約50人以下のものが多くなります。

生前仲の良かった友人や知人、家族が参列し、付き合いがある人を大切にした葬儀スタイルです。

また沖縄では新聞のお悔み欄で訃報とともに葬儀会場や日時を記載します。
参列者はお悔み欄で知人や知り合いの訃報を知り、どんどん参列するため参列者も多くなる葬儀です。
 

<沖縄の葬儀費用、一般葬>

大勢の参列者が予想されるため、沖縄では葬儀費用が割高傾向
・大きな斎場が必要
・参列者の人数が決まらない
・大勢の参列者に向けた返礼品などの準備

 
沖縄の葬儀費用のなかでも一般葬では、大きな斎場の費用の他、参列者に対するお食事や返礼品などの準備も出てきます。
また身内で高齢の参列者も多いため、待合室なども多く利用する可能性もあるでしょう。
 

<沖縄の葬儀費用、一般葬の注意点>

●一般葬は参列者数が未確定なので、予想をすることが大変です。
・見積もりが変わりやすい
・細かな項目で費用がかさみがち

 
…などなど、世話役の人々が大勢いるならば、その人々へ心づけをお配りする配慮などもあるため、細かな部分でさらに沖縄の葬儀のなかでも一般葬は費用がかさみがちです。
 

家族葬の特徴

家族葬の特徴
沖縄の葬儀で家族葬の費用相場は約60万円〜80万円です。

家族葬とは、近しい身内や親しい友人・知人など、小数人で故人との別れを惜しむ葬儀形式で、2000年代になって広まり始めた新しい葬儀の形ではあるものの、全国的にも沖縄でも、近年になって急増しています。
 

<沖縄の葬儀費用、家族葬>

●参列者が少ない家族葬は、一般葬と比較して割安傾向です。
・参列者の人数が決まっている
見積もりが明瞭
・請求書との見積もりの差額が少ない

 
喪主やご遺族が参列者の対応に追われたり困ることなく、家庭的な雰囲気で故人との別れをゆっくりと過ごすことができます。

しかし参列者の人数が限定されることで、葬儀に参列できなかった知人や友人にとっては、納得できないお別れになってしまうこともあるので注意が必要です。
 

<沖縄の葬儀費用、家族葬の注意点>
・御香典による収入は少ない
・葬儀費用は安くても、負担が高くなることがある
・案内状や葬儀後のご挨拶を送る費用が掛かる

 
また参列できなかった人々が葬儀後に弔問に訪れることもあるでしょう。
この時、御香典や供物をいただいたら、その都度、御香典返しを準備することになります。
(葬儀後の挨拶状で御香典や供物の辞退を明記することも可能です。)

御香典返しは御香典の半額を目安に選びましょう。

家族葬に参列した人、しない人が出てきますが、いずれにしても残された人が納得できるように慎重に決めることをおすすめします。
 

家族葬に関しては下記記事に詳しいです。
【沖縄での葬儀の種類】家族葬とは?費用目安と選ばれる3つの理由

 

一日葬の特徴

一日葬の特徴
沖縄の葬儀で一日葬の費用相場は、約50万円〜80万円です。
「一日葬」とは、お通夜を行わずに葬儀式と告別式を1日で行う葬儀スタイルを差します。

全国的に一日葬は比較的新しい形式として、菩提寺の許可が必要になってきますが、沖縄ではそもそも檀家制度がないため、他県よりも選びやすい背景はあるでしょう。

※ちなみに菩提寺とは家で信仰する寺院を差し、多くは先祖代々墓が建つ寺院墓地を管理する寺院です。(この制度を「檀家制度」と言います。)
 

<沖縄の葬儀費用、一日葬>

葬儀式と告別式だけとなり、割安傾向です。
・葬儀の規模が小さい傾向
・式場利用料が1日分(例外あり)
・飲食費用が抑えられる

 
沖縄の葬儀で一日葬を選ぶ場合の飲食費用は、人数がそもそも少ないことと、時間も短い葬儀が多いことから、一日分の軽食のみ準備するなど、大幅に抑えられる傾向もあります。

ただ沖縄の葬儀で一日葬が選ばれる理由は、費用面ばかりではなく、喪主やご遺族の高齢化による体力面が大きいです。

・参列者のスケジュールを管理しやすい
・喪主が高齢の場合、体力的にも楽

…などなど。

一歩ぷ、飲食代や親族の宿泊費を削減する理由から選択する場合もありますが、故人のご遺体は前日から運ばれるため、場合によっては斎場2日分の費用がかかることもあります。

この点は沖縄で葬儀社との葬儀費用の見積もり時に確認をしてください。
 

直葬の特徴

直葬の特徴
沖縄の葬儀で直葬を選んだ場合、葬儀費用の相場は約25万円〜35万円です。
「直葬」とは通夜や告別式を行わずに、そのままご遺体を火葬します。

最近ではコロナウィルスに感染したため、葬儀を執り行わないまま火葬する事例などがあるでしょう。
 

<沖縄の葬儀費用、直葬>

●通夜や葬儀を行わないので費用は大幅に抑えられます
・火葬場で読経供養を行う
・斎場を利用しない
・参列者がほとんどいない
・参列者へのふるまいがない
・葬儀時間は数時間

 
確かに沖縄の葬儀のなかでも費用は掛からないものの、参列者を招かずに10分程度のお別れをする葬儀スタイルです。

故人との思い出がある場合は「あまりにも簡単なお別れで心残りがある」などの体験談も見受けるため、直葬を選ぶ場合は、親族とよくよく相談して決めるようにしましょう。

故人への思い入れがある喪主がご遺族であれば、通常のお葬式を執り行った方が、後々まで納得できるかもしれません。
 

密葬の特徴

密葬の特徴
沖縄の葬儀で密葬を選んだ場合、葬儀費用の相場は約40万円〜100万円ほどと幅が広いです。

一般的に密葬自体は一般葬の4分の1の費用で葬儀があげられますが、その後に偲ぶ会などのお別れ会を改めて執り行うケースが多いでしょう。

「密葬」とは、一般の参列者は招かれずに親族者で葬儀を済ませるスタイルです。
 

<沖縄の葬儀費用、密葬>

●密葬自体は費用が抑えられるが、それが目的ではない
限られた人のみで執り行う
後日改めてお別れ会を行うことが多い

 
密葬と家族葬は似ていると思う人も多いですが、密葬は後日に本葬や社葬、お別れ会などを開催することが前提です。

家族葬…その葬儀のみで完結
密葬…後日、大きな規模のお別れ会を執り行う

そのため沖縄の葬儀で密葬を選ぶのは費用面が理由ではなく、会社の社長など社会的地位が高いため、納骨までは家族で静かに済ませたい、参列者が多すぎることによる混乱を防ぐ意味合いが強いです。
 

最後に

いかがでしたでしょうか、今回は沖縄の葬儀費用の相場を、一般葬や家族葬、密葬など、5つの葬儀の形と併せて解説しました。

沖縄では葬儀後に費用を御香典から支払うこともありますし、もともと葬儀は故人の相続財産から支払うことが可能です。

けれども故人の口座は死後に凍結しますし、御香典も家族葬や一日葬などになると、御香典のみでの完済が難しいこともあるでしょう。

このような時には一時的にではありますが、喪主やご遺族のポケットマネーから支払う必要性も出てきます。

そのため沖縄で最初に葬儀社と費用の打ち合わせを進める時には、葬儀の予算や現状をまずお伝えして、見積りを出してもらうと安心です。
 
 

まとめ

葬儀スタイルで違う5つの相場

(1)一般葬…約100万円〜120万円
(2)家族葬…約60万円〜80万円
(3)一日葬…約50万円〜80万円
(4)直葬…約25万円〜35万円
(5)密葬…約40万円〜100万円

※相場なので葬儀社に見積もりをもらってください。

お葬式っていざどうすればいいの?
いくらかかる?

創業48年の経験を活かし、
お葬式の不安・疑問に
お答えします

Point.1

ご葬儀の不安がなくなります

お葬式は地域の風習によってやり方が違います。相談で不安や悩みの解決策が見つかりますので、ご都合のつく時に相談に訪れることをおススメします。

Point.2

葬儀費用がわかります

葬儀費用は相談内容や葬儀社によって変わります。後悔しないために複数の葬儀社でお見積りを取ることをおススメします。

Point.3

ご希望のお葬式ができます

相談される方のご希望のお葬式に添えるように、下準備も含めて事前にご相談ください。

365日24時間相談スタッフが常駐中!
ご相談は無料です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

直接ご来店
アクセスマップ
電話で問い合わせる

年中無休24時間いつでも対応

0120-88-2204

メールで問い合わせる
お問い合わせフォームへ

加盟団体